肌の老化を進めてしまう光老化とはどのような症状なのか

人間のお肌は年齢と共に艶やハリを失い、シワやシミ・乾燥などのトラブルが目立ちやすくなります。また年を重ねるごとに若い時のような、艶や潤いに満ちた状態ではいられなくなっていくのが皮膚の加齢に伴う変化です。お肌の加齢の現象には主に4つの原因があるとされています。4つの原因とは皮膚の光老化や乾燥肌・糖化や酸化という現象です。中でも光老化の症状はシミやくすみ・たるみや乾燥といった皮膚トラブルの多くの原因にもなるので早目の対策が肝心です。そもそも光老化を解説すると紫外線の影響で皮膚が様々な刺激を受けて、乾燥やシワやシミを作りやすくしてしまう状況をいいます。紫外線を浴びると日焼けを起こして、メラニン色素が生成され皮膚が黒ずみます。いわゆるこれがシミの始まりとなります。そしてさらに紫外線を浴び続けると皮膚は守ろうとする働きから、活性酸素を発生させます。特にUV-A波という紫外線で発生しやすくなる活性酸素は皮膚の弾力やハリを維持する、コラーゲンやエラスチンの働きを抑制する作用があるといわれています。そのため紫外線を浴びる生活を続けることで年を重ねた時、様々な皮膚トラブルとして発症するというのがそのメカニズムです。

肉割れクリームランキング