40代女性のベースメイク選びのポイント

40代ともなると、女性はホルモンバランスの崩れも体験するようになり、心身ともにそれまでとは大きく変わり、様々な不調を感じるようになっている方も多いようです。お肌もどんどん潤いがなくなり、年齢肌トラブルが現れ始めている人も多く、色々なスキンケアコスメを使って、毎日ケアをしている方も少なくはないでしょう。しかしそういったスキンケアでは、なかなか改善しないからと、どんどんメイクが厚塗りになり、余計に老けた印象を与えてしまっている残念な女性も多く、ポイントを押さえてより若々しく見えるようなメイクを心がけたいものです。40代の肌は、何よりもベースメイクが大切で、厚塗り感を出さずに、隠したいところはしっかりとカバーすることが重要です。ベースメイク選びにはその点をクリアしたものが最適なので、今話題となっているBBクリームやCCクリームがお勧めです。肌のくすみが気になる方はCCクリーム、シミや色ムラが気になる方はBBクリームが最適です。こういった機能性下地クリームには、保湿成分もたっぷりと配合されているので、メイクをしながらお肌に潤いを与えることができ、一石二鳥です。もちろん紫外線対策もしっかりできるので、これでお肌のあらをカバーし、粒子の細かいルースパウダーで仕上げ、目の下にハイライトシャドーを入れれば完璧です。

50代に人気の化粧下地ランキング

化粧下地を選ぶ時のポイントについて

化粧下地は利用していますか?肌ケア後に直接お化粧をしてしまっていませんか?化粧下地は化粧のベースとなるもので、ファンデーションの密着効果や肌の凹凸を整える整地効果、肌に負担のかかる化粧・紫外線や乾燥などに対しての保護効果があるので、化粧もちをよくするためにも、肌を守るためにもとても重要な役割を果たしてくれているのです。面倒くさがらずきちんと化粧下地を利用してくださいね。そんな化粧下地を選ぶときには保湿効果の高いものが良いでしょう。化粧をすることで乾燥しやすくなる肌を守ってくれますし、肌に乾燥は大敵です。また、肌の色味を整えくすみや赤みの強い肌でも化粧の仕上がりを良く見せてくれるコントロールカラーも間違えずに選びたいところです。血色があまりよくなく青白い肌色の人はピンクやオレンジ系、赤みの強い人はグリーンやブルー系、肌がクスミがちな感じの人にはパープルやブルー系がおススメす。肌色に不安のない人は無理にコントロールカラーを使用する必要はありませんが、ちょっと化粧の下地となるものをきちんと整えるだけで、お化粧の仕上がりはグンと変わってきます。一度試してみてはいかがでしょうか。

40代女性が愛用するファンデーション